黒ずみの正体とは

小鼻の脇などに出来る毛穴の「黒ずみ」は、見た目も清潔そうではないですし、自分の鼻に出来てしまうとなんとなく気持ちが悪いですよね。

この黒ずみの正体はずばり「毛穴の汚れ」なのですが、具体的には毛穴に詰まった汚れが外気に触れて酸化し、活性酸素が発生したことによってメラニン色素が放出されるため黒ずんでくるものと言われています。しかし、黒ずみが進む原因はこれだけではありません。

毛穴が黒ずむ原因の具体例

油分の多い化粧品を使用している

夏場などに多い例ですが、日焼け止めを塗ったうえでさらに化粧下地を乗せ、さらにコンシーラーやファンデーションなど油分の多いメイク用品を何重にも肌に重ねている場合は確実にそれだけ汚れが毛穴に詰まっていくことになります。

もちろん、きれいに洗顔し洗い流す習慣がついていれば問題はありませんが、汚れが残ったまま放置しているとそれらは酸化し、どんどん黒ずみが悪化していきます。

オイルタイプ、または拭き取り用のクレンジングを使用している

オイルタイプのクレンジングを肌によくなじませようとして擦り込む方がいますが、これは逆に毛穴の酸化が進む可能性もあるので優しく洗い流すようにしましょう。また、拭き取りメイク落としを使用している方も強く拭き取ろうとすると毛穴の中にメイク汚れや皮脂をさらに押し込めてしまうので、出来れば毛穴を開かせた状態できちんと洗い流すようにしたいものです。

化粧水をつけていない

洗顔後、汚れが取り除かれたことに安心して化粧水を付けなかったり、あえて黒ずんでいる毛穴付近にだけ化粧水を付けないようにしている場合は注意が必要です。汚れが除かれた部分がきちんと保湿されていないと、水分を求めて皮脂がさらに分泌されていくおそれがあります。せっかく洗顔しても、また脂が浮き出てしまっては困りますね。洗顔後はたとえ気になる毛穴であってもきちんと保湿するようにしましょう。
こちらのイソフラボンサイトにも美肌についての詳しい解説が記載されていますので、是非ご覧ください。