喫煙でも毛穴は黒ずむ

人間の肌は定期的に新陳代謝(ターンオーバー)を繰り返し、古い角質や皮脂などの老廃物を皮膚の外に追い出してきれいな肌を作っています。この代謝にはビタミンが欠かせない栄養素となりますが、サプリメントや食事から摂取したビタミンは喫煙によって簡単に消費されてしまうため、喫煙者の方はお肌のトラブルに気を付けたいところです。

タバコに含まれるタール成分は肺にはもちろん、皮膚にも沈着すると言われています。そのため、毛穴にタールが付着して黒ずみが目立つようになってきます。

さらにタバコの中の成分であるニコチンは血管を収縮させて血流を阻害してしまうため、お肌の血流も同時に衰えて代謝が悪くなり、結果としてシワが発生、さらにメラニン生成の原因となる活性酸素が増えてきてしまいます。

すでにお肌にとってはデメリットしかないように思える喫煙ですが、毛穴の詰まりや、そこからさらに進んで吹き出物、ニキビなどにも同じく悪影響を与えるといわれています。タバコの煙にはさまざまな化学成分が含まれていますが、それらによって皮脂腺が刺激され、皮脂の分泌が盛んに行われるようになります。

皮脂が出ればそれだけ毛穴が詰まりやすくなりますから、野菜中心の生活を送っていて、かつ運動などをちゃんとしているような方でも大人ニキビに悩まされることがあります。

タバコは代謝を悪くする、と先程書きましたが、すでにニキビが顔のあちこちに出来ている場合喫煙によってさらに治りが悪くなったり、毛穴の詰まりを繰り返したりという問題も起こります。

女性に人気の美容成分であるコラーゲンやビタミンCなどは、せっかく摂取しても喫煙によっていとも簡単に破壊され、栄養素としてはたらく前にその役割を消されてしまいます。したがって、お肌にとっては何も残らない状態となり、毛穴や皮膚のトラブルはもちろん、見た目にも若々しいとはいえない状態に変化していきます。

喫煙はストレス発散のためになかなか止められない方も多いですが、お肌や見た目の問題を考えるならば控えておいた方が良いかもしれません。