ケアができる洗顔料

毛穴の詰まりや黒ずみなどのトラブルは、子供から大人まで多くの人が悩まされる問題です。毛穴の黒ずみは、毛穴に詰まった汚れや古い角質と皮脂が混ざり合ってできた角栓が、酸化して黒く変色したものです。

黒ずみの原因は毛穴から出された皮脂などの老廃物に、ホコリやメイク汚れが混ざり合い、さらに酸化することで黒ずんでいきます。しかし、毎日の洗顔習慣でそのつどきれいに取り除いていけば、詰まりも黒ずみも段々ときれいになっていき、毛穴も元通り目立たなくなります。

しかし、ほとんどの方は毎日洗顔をきちんとしていることでしょう。すすぎもちゃんとしているのに、なぜいつまでたっても毛穴の黒ずみが残ってしまうのでしょうか?

毛穴トラブルを解消するためには、まずは正しい洗顔料を使わなければいけません。以下の点に注意しながら、洗顔料を選んでみましょう。

  • お肌の表面だけではなく、毛穴の奥に入り込んだ汚れまでがしっかりと吸着されること
  • 毛穴まで細かい泡が入っていけること
  • 洗浄力はあっても皮脂を取り除きすぎないこと

これらのポイントをしっかり抑えて洗顔石鹸を選ぶと良いでしょう。ですが、毛穴の奥まで汚れをかき出そうとしてゴシゴシとこすったり、何度も何度も洗顔するなどすると皮膚を傷つけてしまう可能性もあります。特にスクラブタイプの洗顔料は粒子が細かく、よく泡立つタイプのものを選ぶと安心です。

また、自分の肌質に合う洗顔料を選ぶことも重要なポイントです。常に皮脂量が多い脂性肌タイプの方と、お肌がかさつきやすい乾燥肌・普通混合肌の方は、洗顔料の種類に違いがあります。もしも肌に合わない洗顔料を使用すると、汚れだけでなく皮脂まで落としすぎてしまいさらにお肌にうるおいがなくなってしまうことも考えられます。

まずは自分の肌タイプを知って、お試しで貰えるサンプルなどを試してみましょう。数種類の中から比較して、一番洗い上がりがしっとりとするものを選ぶと良いでしょう。