「帯状毛穴」とは

毛穴を気にしている方にぜひ知っておいて貰いたい「帯状毛穴」。これは、毛穴と毛穴が小じわによって繋がった状態のことを指した呼び方です。頬を両手で包むようにして、斜め上に持ち上げてみてください。そうすると目立たなくなる毛穴があると思いますが、これは肌のたるみによって目立ってしまった帯状毛穴である可能性があります。

帯状毛穴は多くの場合小鼻や鼻の脇部分から頬にかけて出現することが多く、それに合わせて鼻と頬の溝が深まるのでほうれい線などの原因にもなります。帯状毛穴ができると毛穴が目立つだけでなく、老け顔にも見られやすくなってしまうという弊害もあります。

帯状毛穴の原因の一つには、乾燥があります。秋から冬などの乾燥する時期にはお肌の皮脂が減少するので肌表面が乾燥し、それによってハリを維持できなくなってたるみが発生します。そうして肌から毛穴が順にたるんでいき、毛穴同士が溝によって繋がって見えるのです。乾燥する時期はとくに保湿が必要と言われますが、肌だけでなく毛穴にとっても保湿は非常に重要な役目を持っているというわけです。

帯状毛穴の原因の二つ目は、「コラーゲン」の減少が考えられます。年齢を重ねることによって段々とコラーゲンの生成量は減っていきますから、サプリメントなどで内側からコラーゲンを補給したり、コラーゲンの生成を助けるビタミンCを補給することも大切です。

若さによってハリを保っていたお肌も、加齢とともに段々とたるみが発生し、毛穴が目立つだけでなくシワもきざまれていきます。少しでも若々しい見た目を維持したいならば、まずは乾燥からお肌を守りつつ、保湿を欠かさないようにケアを続けていきましょう。

そして、 使用している化粧品やスキンケア製品についても、毛穴を開かせる油分を含んでいない安全なものを使用するようにしましょう。きちんと保湿できるかどうか、お肌にやさしいかどうかを見極めたうえで帯状毛穴と付き合っていきたいものです。